院長挨拶

日本のインプラント治療の基礎を築かれた故・湯浅保宏先生を師に、インプラント治療に携わり早30有余年。
インプラント治療技術を磨いてまいりました。

当院では、入院施設がありますので、全身麻酔で無痛のインプラント治療を行うことができます。
また、インプラント治療を行う歯科医の先生方に指導を行っており、いわゆる歯科治療の先生の先生として、大学での講義や講演会をおこなっております。

 

さらに形成外科医、耳鼻科医と連携して様々なケースのインプラント手術を行っております。

 

北は北海道から南は沖縄まで、当院で施術を受けられた患者様や当地の歯科医院からのご紹介を、 全国から様々な歯のお悩みを持たれる患者様にご来院いただております。

 

これからもその場限りの歯科治療ではなく、 患者様の10年後・20年後を考えた歯科治療の実践と、 噛めない方が再びバリバリ思いっきり噛むことで、おいしく食事をすることができ、いつまでも健やかに会話を楽しんで頂ける喜びをお届けするという理念の元、日々インプラント治療の技術を磨き、進歩させて参ります。

インプラントで骨が薄いということで、インプラントを諦めていた方は是非一度ご相談下さい。
セカンドオピニオンにも対応しております。お気軽にお電話下さい。

 

略歴

昭和61年 北海道医療大学歯学部卒
昭和61年 富江歯科診療所 勤務
平成元年  清川歯科(久留米)勤務
平成2年  清川歯科口腔外科クリニック 院長として開業
平成10年 入院病棟増設
平成11年 公益社団法人 日本口腔インプラント学会「専門医」取得
平成24年 公益社団法人 日本口腔インプラント学会「指導医」取得
現在に至る

 

お問い合わせ