治療中のトラブルはありますか?

上の顎には上顎洞と言う空洞があります。
これは小臼歯部あたりから後ろの根っこの上にあります。
上の親知らずがかなり骨の中にもぐりこんでいるような場合、骨が軟らかかったりすると、
力をかけた時この空洞の中に落ちてしまうことがあります。
この場合は側面の骨に穴をあけ摘出することになります。
滅多にあるわけではありませんが、こうなると患者さんにとっても術者にとってもかなり大変です。

お問い合わせ