親知らず(親不知・おやしらず)とは?

「親知らず」(親不知・おやしらず)とは、前から数えて8番目の歯です。(第三大臼歯、知歯とも言います)
親知らずという名の由来は、20歳前後で生えてくる歯のため、
平均寿命が短かった昔の人たちは、自分の子供の親知らずが生えてくる前に亡くなってしまって
この歯を見ることが出来ない、他には多くは親元を離れてから生えてくるため
親が歯の生え始めを知らない、また対応する乳歯が無いからだとか色々な説がある。
英語ではwisdom teethというが、物事の分別がつきだす頃に生え始める歯ということに由来します。
親知らずは生えてくる場合と生えてこない場合(又は最初から無い場合)があります。
この歯は場合によっては抜歯してしまった方が良いことがあります。

お問い合わせ